ツヴァイのサービス内容

肩こりを治そう!

肩こりの原因と症状は?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

産後肩こり

 

 

 

産後のお悩みの第2位が「肩こり」だといわれています。

 

 

産後は、授乳や抱っこ、おんぶなど、ママの背中に負担がかかる体勢ばかりですよね?

 

 

これらは身体が痛いからといって止めることが出来ないので、痛くなる前に体に無理のない抱っこやおんぶの姿勢を心がけることが大切です。

 

 

不自然でアンバランスな体制を続けていると、筋肉が常に緊張した状態になり血行が悪くなり痛みの症状が出てきます。

 

 

そして、その痛みのせいで余計に筋肉を使わなくなるため、ますます痛みが増して悪循環になってしまいます。

 

 

また、痛みをかばうために無理な姿勢を続けていれば他の関節に負担がかかり傷めることにもなりかねません。

 

 

まずは痛みが慢性化する前に日頃から正しい姿勢を心がけましょう。

 

 

そして、時々肩のストレッチをすることも大切です。

 

 

たまに整形外科や婦人科の病気が隠れていることもあるので、慢性的な痛みがみられる時は一度病院を受診してみましょう。

 

 

↓産後の体臭・ワキガにおすすめの制汗クリームはこちら 産後ダイエット

 

 

スポンサードリンク

肩が痛くなってしまったら?

 

育児が忙しいので、肩の痛みを我慢してしまうママも多いのですが痛みが慢性化すると気持ちも落ちてしまいます。

 

 

さらに、神経も過敏になるのでもっと痛みを感じやすくなります。

 

 

痛みを感じながらも肩の筋肉を多少でも動かせる場合は、育児や家事の合間に積極的にストレッチを取り入れて血行を促進し、こわばった筋肉をほぐしましょう。

 

 

気持ち良さを意識しながらグーっと身体を伸ばすとほぐれの効果がUPしますし、お風呂に入りながら筋肉をほぐすのもいいでしょう。

 

 

特に薬の服用が制限される授乳中のママは日頃のストレッチなどで肩こりを予防していきましょう。

 

 

↓産後の体臭・ワキガにおすすめの制汗クリームはこちら 産後ダイエット

 

 

スポンサードリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

体臭
産後に強くなったと感じる体臭の原因と対処法は?
貧血
赤ちゃんと栄養をシェアすることで起こる貧血について
原因と解決方法を探りましょう。
頭痛
出産後から続く頭痛の原因と理解し、解消していきましょう。^^
目・視力
産後の視力低下について。原因と視力を落とさないために心がけることは?
イライラ
生まれてきてくれてありがとうと思っているのに、なぜか毎日イライラしてしまう。
その原因と対処法を探っていきます。
脱肛
分娩のいきみによって肛門が出てきてしまったママへ!